Windowsサーバーへのリモートデスクトップ接続

リモートデスクトップ接続とは

リモートデスクトップ接続とは、サーバーなどの画面をネットワークを通じて、自分のパソコン画面に表示させる方法です。

Windowsサーバーの画面を表示させたいときなどに、自分のパソコンからサーバーにアクセスして、直接サーバー画面を見ながら操作するときに使います。

リモートデスクトップを使うためには、事前にサーバーにリモートデスクトップ接続の許可を設定しておく必要があります。すでにサーバーにはリモートデスクトップ接続設定がされている前提でご説明します。

自分のパソコンでリモートデスクトップ接続を起動

画面右下のWindowsマークをクリックし、プログラム一覧の中からWindowsアクセサリをクリック。
Windowsアクセサリの中のリモートデスクトップ接続をクリックしてください。

リモートデスクトップ接続1

リモート接続したいサーバーのIPアドレスを入力

コンピューターの欄にリモートアクセスしたいサーバーのIPアドレスを入力してください。
乳リュ区したら接続ボタンをクリックします。

リモートデスクトップ接続2

リモートデスクトップ接続のウィンドウが表示され、サーバーの画面を操作できるようになります。