EPSON、CANONのプリンターで廃インクタンク(パッド)の交換とメッセージがでる

EPSON、CANONのプリンターで廃インクタンク(パッド)の交換とメッセージがでるようになったという問合せをいただき、中小企業の事務所ではどのような対応になるのか?

まず、廃インクタンクはどちらのメーカーも簡単には交換できず、以下のような引き取りサービスを利用することになるでしょう。

EPSON:修理料金一覧

CANON:修理料金料金一覧

どちらも、修理依頼すると、基本料金で1万円程度、送料に1500円程度、部品交換代に4000円程度、合計で15000円程度がかかる計算になります。

廃インクタンクは一般には流通していないようですので、この金額を検討して結局新しいのを買うしかないか・・・。
という結論に達する人は多いように思います。

最新機種が売れるように、販売戦略を修理の価格にまで影響させて、仕組みを作っているプリンター会社の戦略ってすごいですね。