アクションプラン作成セッション

 アクションプラン作成

目標を達成するための計画

目標達成には長期的な視点が欠かせません。

今日覚えて明日実践してでた成果などたいした成果ではありません。

やらないことをやってみたら異なる結果が出たということに過ぎません。

経営をシステム化するためには、短期的な成果に一喜一憂するのではなく、長期的な継続と改善にフォーカスする必要があります。

アクションプラン作成は、長期的に継続と改善を実践するための準備です。

計画とデータベースはセット

計画を立てるときに最も重要なのは、実践データの蓄積もセットで考えることです。

重要成功要因を決定し実践した際に、どの様なデータの蓄積が、その後の改善に役に立つのかは、計画の段階で決定しておく必要があります。

単に計画しただけで、実践データの蓄積がなければ、実践したかどうかも曖昧になり、データの蓄積がなければ改善する事も出来ません。

アクションプラン作成セッションは、計画だけでなく、重要成功要因に対して蓄積すべきデータを導き出します。

評価する

短期的な実践により得られた成果は個人のパーソナリティーに依存します。

成果を出した社員のパフォーマンスが一時的に高かったと言うことであり、次回も同じ成果を出す仕組みがなく、他の社員が同じ成果を出せないのであれば、経営戦略としてはなにを評価すればよいのでしょうか。

経営戦略の成果は、長期的な経営計画に基づいた実践データを分析した評価で得られるものです。

1年間の実践データを分析し評価することで、より良い次年度を計画できるようになります。

デジサポ会員は割引価格で

デジサポ会員の方は、割引価格でご提供いたします。※価格は税別表記です。

デジサポ会員 4万円
非会員 10万円
所用時間目安 5時間
参加者目安 全社員

※対応エリアは東京23区近郊の工務店・不動産業に限ります。

※従業員10名以下の工務店・不動産業に限ります。

※日程調整が必要ですので、3日程度の候補日をご記入ください。